土と共に生きる 命を繋ぐ自家採取米『沿自然米』。

自家採種していくっていうのは、種の経験を人間も共有するってこと。そういう力を共有できるってこと。

「やまさん」の原型は、農林48号という品種で、天皇陛下献上米にもなったお米です。
さっぱりとした食感のなかに甘味・風味があり、昔なつかしやさしい味がします。食味は良いですが、病気・気候の変化に弱く、作りづらいということで、一部の農家でしか作らなくなりました。その理由から、今では「幻の米」と言われています。
平井さんは「"美味しい"とは、食べる人とお米との同調性。自分の遺伝子に同調するものを、私たちは美味しいと感じる」と教えてくださいました。日本で昔から受け継がれてきた「やまさん」は、一口食べれば、その美味しさを感じることができます。
毎日食べるお米だからこそ、安心なのはもちろん、おいしいものを届けたい。そして、日本の美しい自然と命を未来に繋いでいく米』それが「やまさん」です。

幻の米・農林48号とは

農林48号は、現在のおいしいお米と言われている多くのルーツとなった、農林8号と陸羽132号を交配して、昭和24年に愛知県で誕生しました。しかし、出穂期が遅い、冷害に弱いなど栽培が難しいため、昭和30年代にはほとんど栽培されておらず、一般には出回らないため「幻の米」と言われています。
ですが数年前、この農林48号の食味の良さと香ばしさに都内の有名高級寿司店が目をつけ選定。そのことがテレビで放映され、徐々に市場評価も上がり始めました。
農林48号は、たんぱく質・アミロース・水分・脂肪酸度による比較や、ヒトの食味検査においても「魚沼産コシヒカリに劣らない味である」と高い評価を示しています。

やまさんの元型となる農林48号は、出穂期が遅い、冷害に弱いなど栽培が難しいため、一般には出回りづらく「幻の米」と言われています。

生命農法パイオニア高橋丈夫と平井正夫の深い絆

昭和20年代から栃木県芳賀町で網川さんという方が自家用に少しだけ作っていた農林48号を、生命農法研究会の設立者であった故・高橋丈夫さんが種を分けてもらい、苗作りをしたことから「やまさん」の歴史は始まります。高橋丈夫さんは、生命農法のパイオニアで、完全な無投薬養鶏で育てられた完全食品としての究極の卵「丈夫卵」を世に発信した方です。その高い技術と志から、著書「生命農法」は、現在も農業人愛読書の一冊です。
農林48号を譲り受けた高橋丈夫さんでしたが、その栽培の難しさに1年で農林48号の栽培を諦めます。しかし、高橋丈夫さんは、30年間化学肥料を使用しない米作りを行い、その志から、厚い信頼を寄せていた平井正夫さんへ、農林48号の栽培を頼み込みました。(著書「生命農法」には、平井正夫さんの名前が掲載されています)

生命農法のパイオニア故・高橋丈夫さんが、30年間化学肥料を使用しない米作りを行う平井正夫さんへ、農林48号の栽培を頼み込みました。

「やまさん」が完成した秘密

平井正夫さんは、高橋丈夫さんを通して農林48号を譲り受けましたが、出穂期が遅い、冷害に弱いなど、確かに栽培は困難なものでした。しかし、遺伝子組み換えは一切行わず、3年以上にわたり全て手作業で、種の選別を繰り返し、適切な稲を選択し、病気になりずらい稲を選別しました。その光景を見た、近所のおばあちゃんが手伝ってくれたこともあったそうです。そんな中で、特に優秀な種を選抜したものが、この「やまさん」です。「やまさん」の由来は、平井正夫さんの家には家紋とは別に、鎌や鍬などの農具に押す焼印があり、そこからネーミングしました。

遺伝子組み換えは一切行わず、3年以上にわたり全て手作業で、種もみを繰り返し、栄養価が高く美味しい稲を選別したものが「やまさん」です。写真は、名前の由来となった焼印のイメージ (平井さんの手書き)

化学肥料に頼らず、自然と人の手だけで、昔ながらのうまい米が現代に復活

「やまさん」は、成人病という言葉が無い時代から、日本人の健康を支えたバランス良い栄養素と旨味を更に伸ばし、胴割れ、未熟米などネガティブな部分を取り除くことができた、平井正夫さんだけが栽培している「奇跡のお米」です。今もなお、30年間化学肥料・殺虫剤は一切使用していない田んぼで育てています。放射線物質不検出です。その美味しさは天下一品。噛めばかむほどに、品のある、あっさりとした甘さと旨さを感じられます。特に、和食との相性がとても良いです。シンプルですが飽きのこない、洗練されたうまいお米に仕上がりました。どうぞ、最初の一口は、やまさんだけでお召し上がりください。
※お米の名前に農林◯号とついているのを初めて聞く方も居るかと思いますが、実は、コシヒカリは農林100号、ササニシキは農林150号といいます。お米はかつて、国・農林省を中心に品種開発していて、そのような国の予算で開発された品種は、農林番号というものを持ちます。

平井正夫さんだけが栽培している「奇跡のお米」です。今もなお、30年間化学肥料・殺虫剤は一切使用していない田んぼで育てています。シンプルですが飽きのこない、洗練されたうまいお米に仕上がりました。

生産者のこだわりポイント
種のこと

種をつなぐということ
普段スーパーなどでよく目にするお米は、毎年、米農家が種屋から種を買って、育てたものが大半です。毎年買い足すことで、病気になりづらく、立派な稲になると言われています。しかし、平井さんは「種が繋がっていない。つまり、命が繋がっていないのでは...?」と感じ、昭和28年から命がつながっている、この「やまさん」を自家採種(買い足すのではなく、収穫した米から、また米を育てるという昔ながらの方法)して、人の命をつなぐことを志しています。自家採種した種から育った米は、本来のお米の味がしっかりとします。

自家製除草ゲタ

「稲作は土作り、地力で稲は作るもの」と平井さんは言います。地力とは何かを追求し、お米作りに取り組んでいます。より自然に寄り沿うために、除草機は使わずに自家製の「除草下駄」を履いて田んぼを自分で歩き回ることで、雑草を抜いています。おかげで、田んぼにザリガニや、足の踏み場がないほどタニシがいて、周囲には野うさぎやタヌキ、キジなど様々な生き物が暮らしています。うまい米とは、地力の高い、生物が溢れる「土」で育ちます。やまさんは、徹底的にこだわり抜いた、納得のできる土で育てています。

稲が生活するテリトリーを確保

平井さんは、稲も、一つ一つに自分(稲)の生活するテリトリーの面積や体積が有ると考えていらっしゃいます。なので、15センチずつズラして千鳥模様に田植えをしています。
稲一つ一つにお日様の光が浴びるように、重なり合わないようにする。手間がかかる作業ですが、こうすることで、やまさん本来の美味しさを引き出すことができます。

「やまさん」が安心な4つの理由
  • 化学肥料は使用しません。
    これまで30年間、化学肥料及び殺虫剤を一切使用していません。
  • 放射性セシウム不検出です。
    静岡放射能汚染測定室にて測定していただきました。セシウム137・セシウム134共に不検出です。
  • 固定種、自家採種です。
    栽培してる「やまさん」からタネを取り、命を繋いでいます。
  • 「キジ」や「野うさぎ」が周囲に住んでいます。
    田んぼには、タニシやザリガニが足の踏み場もないほど住んでいます。その環境において生物の多様性と個体数は安全性の指標になりえます。
メイド イン ジャパン100の安心基準
  • 1. 農薬一切不使用(※減農薬・初期に1度のみ)
  • 2. 化学肥料一切不使用(有機肥料・自家配合肥料使用)
  • 3. 動物性肥料一切不使用
  • 4. 除草剤一切不使用
  • 5. 食品添加物一切不使用
  • 6. 種が日本国内で育ったものである(自家採種 又は購入)
  • 7. 生産地が日本国内である
  • 8. 加工地が日本国内である
  • 9. 生産者が日本人である(日本の若者の雇用を推進します)
  • 10. 加工者が日本人である(日本の若者の雇用を推進します)
土と共に生きる 命を繋ぐ自家採取米『沿自然米』【やまさん 2016年度新米 玄米】
減農薬、無化学肥料、自家採種「やまさん5kg(玄米)」2016年度新米

平井正夫オリジナル銘柄米。インターネットではMADE in JAPAN100だけが取扱いが許されています。
やまさんは「自家採種」という、育った稲から種を採り、またその種から米を育てるという、昔ながらの栽培方法で命をつないできた、今や超希少種から育ったものです。 お米自体の生命力が高く、化学肥料を使わずに栽培ができるようになります。
何より、とても美味しいです。そのお米独自の旨みを強く感じることができます。美味しさの特徴としては、一口目での旨さよりも、噛めばかむほどに、品のある、あっさりとした甘さと旨さを感じることができます。特に和食との相性が良く、おかずの旨みを引き立ててくれます。シンプルですが飽きのこない、洗練されたうまいお米に仕上がりました。どうぞ、最初の一口は、やまさんだけでお召し上がりください。

【血糖値上昇抑制 の効果が期待】
ダイエット中でお米の糖質が気になる方
血糖値の高さが気になる方にオススメのお米です!
お米の約70パーセントはデンプンで出来ていますが、「やまさん」はアミロースという成分が多く、消化吸収がゆっくりであり、血糖値が上がりにくい、つまり他のお米に比べて低GIです。

■品種 「沿自然米」やまさん5kg(玄米)
■生産者名 平井正夫   ■産 地 茨城県稲敷市幸田
■種 固定種・自家採種
■栽培法 初期に除草剤を1回のみ使用
■放射能検査 不検出(測定機関:静岡放射能汚染測定室)
■価 格 5kg / 3,200円(税込3,456円、送料別)
出荷日 ご注文から5日以内に発送します
減農薬、無化学肥料、自家採種「やまさん5kg(玄米)」2015年度新米を購入する