無農薬・無肥料・自然栽培・自家採取『CARPE DIEM(カルペディエム)育てる種付き野菜ボックス(無農薬・無肥料・自然栽培・固定種、在来種)』

食と畑を通じ、子どもたちに命のバトンを繋ぐ

野菜の成長を見守り、土の変化を見守り、命に感謝をして、日々を楽しく丁寧に暮らし、白子町から「自分自身を愛し、人を愛し、自然を愛せますように」というメッセージを発信するためCARPE DIEM(カルペディエム)は始まりました。由来はラテン語で「今を楽しむ」という意味で、今を楽しく精一杯生きることで、未来を良い方向に変えていけると考えているのでCARPE DIEMと名付けました。どんな家庭でもできる持続可能な生活の提案をコンセプトに、人も自然も健康でいられるようにと、自然農(農薬、肥料、水やり、耕耘をしない、自家採種)をもとにした独自の森林農法栽培で野菜を育てています。

冷凍食品を食べたことがなかった幼少期

「わたしは東京都葛飾区の下町の生まれで、幼少期~高校生くらいまでは土で遊んだり、生き物とふれあったりという環境は身近にはあまりなく、どちらかというとコンクリートの中で育ちました。そんな中、家族で行く旅行が唯一自然とふれあうことのできる時間でした。日々の食事はかなりナチュラル派。家での食事は母が常に手作りをしてくれていて、 冷凍食品が食卓にでてこない家庭でした。高校も専門学校も毎日母がお弁当を作ってくれていましたが、当時は特に手作りのありがたみや冷食や添加物の食材について抵抗や関心はありませんでした。ですが、そのような家庭で育ったので、薄い味付けで素材の味を活かした料理が食べ たいなっていうのはずっとありました。 専門学校では、2年間自然環境のことについて学び、卒業後は群馬県にある尾瀬の山小屋に勤務していました。」

昔から母は冷凍食品や添加物を意識していたため加工品を使った料理はあまり食べたことがなく、マヨネーズなども家にあった記憶が無いです」と話してくれた石井さん。薄い味付けで素材の味を活かした料理がお好きだそうです。

子どもたちに添加物の多いものを食べさせる違和感

山小屋に務めている間に自給自足等に興味を持ち、自分で野菜を育ててみたいなと思うようになりました。その後子どもに関わる職場に勤めた時に、子どもたちに添加物が多いパンや食材を出していく中で「なんか違うな」と思い始めました。自分で事業を始める時は「畑を通じて食の大切さを伝えたい」というのがあったので、退職後、ここ白子町に移住し、自分ひとりで300坪の荒れ地をクワと鎌でせっせと開墾して、自然農(農薬、肥料、水やり、耕耘をしない、自家採種)栽培を始めました。

職場で子どもたちに添加物が多いパンや食材を出していく中で違和感を感じた石井さんは、「食の大切さを伝えたい!」と、究極の農法とも言える自然農(農薬、肥料、水やり、耕耘をしない、自家採種)栽培を始めました。

26年間悩んでいたアレルギーが治った!

「わたしは花粉症やハウスダスト、喘息、下痢なとアレルギーも多かったですが、白子町に来て自然農を始めてからは花粉症に悩まされることも、 喘息もなくなりました。風邪も記憶している限りではここに来てから1度もひいていないと思います。『身土不二』その地域で季節ごとに収穫できる旬の野菜を食べることが健康の秘訣で、それこそが本来の自然に 沿った『食』であり、人間にとっても一番自然な暮らし方ではないかと思います。」

西洋の考え方では、人間の健康状態を栄養素の数値を元にしたデータで診ていますが、そもそも食ってそういうものでは無いと思うんです。決してデータや栄養素だけで人間の健康状況は判断できないんじゃないかなと、この仕事をしていて思います。」と優しい口調で話してくれた石井さん。

子どもたちの「自分と周りと自然を愛する力」を育む

「今は農業をやりながら【森のようちえん しらこっこ】という自然体験活動を週1回地域のママさんと一緒にやっています。周辺の森であそんだり、畑で土をいじったり、海に行ったりと。決まったプログラムは設けず、子どもがやりたいと言ったことを、じゃあそれ一緒にやろうっといった感じでやっています。でも、ただあそんでいるだけでは無くて、その子が自分に自信を持てるように、存在を受け入れてくれるという安心感や自己肯定感を持てるように、意識して声かけなどをやっています。 大人の立場で上から叱るとか褒めるとかではなく、子どもと対等の立場になって自分の気持ちを伝え、友達のように認める。子どもが『自分が やりたいことをやってていいんだ』って思える、ありのままの自分を好きになれるように支援します。 」

野菜を収穫して食べる瞬間や、野菜の発芽や開花、結実、採種など、畑にある野菜や野草の日々の変化を観察しているだけで、全てが愛おしく幸せだなと感じます。そしてそれを人に、子どもたちに食べてもらって喜んでもらえると一層嬉しいです。畑と自然体験を通じて、未来を担う子ども達へ、自分を愛し、人を愛し、自然を愛してもらうきっかけになれたら幸せですと石井さんは話してくださいました。

生産者のこだわりポイント
貴重な種「固定種」と「在来種」

CARPE DIEM のお野菜は、遥か昔からその土地で代々命をつないで きた、「固定種」「在来種」という、超希少な種から育ったものです。さらにその種を自家採種しています。野菜自体の生命力が高く、集荷量は少なくとも、農薬・化学肥料を使わずに栽培ができるようになります。 何より、野菜本来の自然の味です。特徴としては、色が薄く、優しくもしっかり芯のある味があり、のんびりゆっくり育っているので全体的に大きさは小さめ。オススメの食べ方は、生食か茹でたり蒸したり焼いたりシンプルなもの。そこに良質なオリーブオイルと塩をプラスするだけで極上の一品です。

野菜に声かけ「応援農法」

畑に出ると野菜たちに声をかけています。CARPE DIEM オリジナル、応援農法です。発芽や開花、畑にある作物及び野草の日々の変化を観察しているだけで全てが愛おしく可愛くて仕方ありません。そうすると自然 に「おはよう」「がんばれ」「かわいいね」「ありがとう」と声をかけています。畑の野菜もありがとうの気持ちで接することで、食べる方にも愛情が伝わるように感じています。

永続的な「農」と「自然」

梱包には、輪ゴムは使わず、環境のことを考えて自然に返すことが出来る、麻の紐を使用しています。CARPE DIEMは、森の環境を再現した栽培や自然に寄り添う梱包をすることで、畑の中の生態系を豊かにし、土がむき出しになることで乗じる土壌の流出を防ぎ、農薬や肥料による環境汚染をおこなわない、科学物質に頼らない、永続的な「農」と「自然」を可能にします。

「CARPE DIEM(カルペディエム)」が安心な6つの理由
  • 農薬は使用しません。
    有機JAS認定の農薬さえも不使用。
  • 肥料は使用しません。
    化学肥料、有機肥料も不使用。
  • 動物性堆肥は使用しません。
    家畜糞尿なども不使用。
  • 水道水は使用しません。
    雨水のみです。
  • 自家採種しています。
    栽培してる野菜からタネを取り、命を繋いでいます。
  • 放射能検査不検出です。
メイド イン ジャパン100の安心基準
  • 1. 農薬一切不使用
  • 2. 化学肥料一切不使用(有機肥料・自家配合肥料使用)
  • 3. 動物性肥料一切不使用
  • 4. 除草剤一切不使用
  • 5. 食品添加物一切不使用
  • 6. 種が日本国内で育ったものである(自家採種 又は購入)
  • 7. 生産地が日本国内である
  • 8. 加工地が日本国内である
  • 9. 生産者が日本人である(日本の若者の雇用を推進します)
  • 10. 加工者が日本人である(日本の若者の雇用を推進します)
無農薬・無肥料・自然栽培・自家採取『CARPE DIEM(カルペディエム)育てる種付き野菜ボックス(無農薬・無肥料・自然栽培・固定種、在来種)』

畑に森を再現する森林農法。水やりをしません。雨水のみで、土の上に藁や草、畑内にある落葉樹の葉を被せています。土が露出していると砂漠のように土が深いところまで乾いてしまうのですが、土を草や葉っぱ などで覆っておくと湿った状態を保て、水をあげなくても大丈夫です。土の匂いを嗅いでみると、土が露出して乾燥しているところは香りはほ とんどありませんが、草や葉っぱで覆った土は森のような土の心地よい香りがします。土は、微生物がいないと土の中に栄養がなくなってくるので、肥料を入れないと植物が育たない土になってしまいますが、湿っている土の方が微生物が沢山生息できるので、CARPE DIEMでは、農薬も肥料も使わずに美味しい野菜をお届けすることができます。生命力に溢れたエネルギッシュな野菜をどうぞお楽しみください。

〜お届けする「種」のご紹介〜
春  :「ササゲ」(赤飯に使われる豆科野菜)播種時期7月~8月 / 収穫9月~10月
夏  :「のらぼうな」(葉物野菜)播種時期8月~9月 / 収穫3月~4月
秋・冬:「おおまさり」(落花生)播種時期4月~6月 /収穫10月~11月
 ※種の種類は季節ごとに変わり、指定はできませんのでご了承ください。

ボックス内容は野菜だけでなく加工品を含めて6品目くらいになります。
■生産者 CARPE DIEM(カルペディエム)石井
■商品名 固定種「種」入り、野菜ボックス(6品+種1種類)【無農薬・無肥料・自然栽培・自家採取】
■産地 千葉県白子町 ■放射能検査:不検出(サンアロー通商株式会社 茂原放射線測定所)
■種 在来種、固定種 ■栽培法:無農薬、無肥料、自家採種
■価格 4,500円(税込4,860円、送料別)
■出荷日 ご注文より1週間以内に発送いたします
■送料 以下参照(ヤマト運輸80サイズ/税込)
※夏季(6月〜8月末)はクール便料金216円別途加算
北海道 北東北 南東北・関東・信越・中部・北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄
1555円 1231円 1123円 1231円 1339円 1339円 1555円 1879円
 無農薬、無肥料、自家採種(在来種・固定種)野菜ボックス(7品)を購入する
無農薬、無肥料、自家採種(在来種・固定種)野菜ボックス(7品)